2017年の梅毒患者の感染スピードが過去最速ペースで進行しています!現在の2017年の6月現在で既に、2000人を超えており、過去最速の感染のスピードで広がっています!

特に、都市部の感染がかなりの率を占めていて、今後更に広がりを見せる恐れがあります!第一位が東京(684人)、第二位が大阪(271人)、第三位が神奈川(123人)となっています。

梅毒に対する有効な予防・対処法についてお伝えしたいと思います。

Sponsored Links

梅毒の有効な予防・対処法について

 

 

・梅毒とは?最近急増の理由について

 

梅毒とは、「トレポネーマ」という病原菌が原因で感染し、粘膜や皮膚の傷口から感染・発症する病気で、性交渉が主原因で感染・発症するオーソドックスな性病です。

昔と違って、重症になるまで酷くなることはあまりないのですが、最近の性の自由さのためか、不特定多数と性交渉する若者や、性交渉するのが当たり前の風潮で逆に性交渉しないことが不自然な感じになっていることも一因として挙げられるようです。

また、都市部に多いというのも、現代の社会事情の背景もあるみたいで、仕事がない地方の人間が都市部に増え、そのための人口比率的な側面もあると思われる。

 

 

・梅毒の有効な予防・対処法とは?

 

梅毒の予防・対処法としては、梅毒は性交渉が主原因となるので

 

①不特定多数の性交渉の関係を持たないようにすること

②コンドームなどの避妊具の必着

③定期的に性病の検査を受けることで、早期発見!

 

という上記の予防・対処法が有効です!

 

①不特定多数の性交渉の関係を持たないようにすること

当然ですが、一人よりも二人、三人と性交渉の数が多い方が梅毒になる確率は上がります!なので、できるだけ不特定多数の性交渉はせずに、一人の特定の方とのお付き合いをしていくだけで、梅毒になる確率はかなり抑えられます!

 

②コンドームなどの避妊具の必着

昨今、「デキ婚」が急増しているのは、コンドームなどの避妊具を付けていないためですが、妊娠だけでなく実は、『性病に対しても、効果的に予防してくれる優れもの』なのが、コンドームなのです!梅毒になるということは、不潔な状態でしていることが多いので、お互いのためにコンドームの着用は必着!

 

③定期的に性病の検査を受けることで、早期発見!

梅毒などの性病は自覚症状が乏しいため、ある程度深刻にならないとわかりづらいという特徴があります!こういう梅毒などのデリケートな病気ほど、「自分はならない!」、「まさか、自分に限って・・・」という変な安堵感と「まさか」という恐怖心などから、中々、性病に対して向き合う方が非常に少ない状態です!ですので、もし、性交渉をした場合は、安全を確保するため、なるべく病院に行って性病の検査で自分の体のチェックをすることをおすすめします!

特に「風俗」などに行ったことが一度でもある人は、必ず性病検査のチェックをおすすめします!というのも、風俗は仕事上、性交渉を不特定多数の方とかなりの回数をするため、梅毒の菌を大変保有しやすい特徴があります!ですので、自分の体に梅毒の菌が感染している可能性が高いので、「自分に限って・・・」や「まさか」と感じる人がいたら、恥ずかしがらずに病院などの専門機関に診て頂きましょう!

病院で性病の検査を受ける場合は、泌尿器か婦人科で受けれますし、どうしても、恥ずかしい方は、性病検査キットという郵送で結果が分かるというサービスを利用するのがおすすめです!

 

まとめ

今回ご紹介した

【梅毒2017の感染スピードがヤバい!有効的な予防・対処法について!】は、いかがでしたでしょうか?

 

・梅毒とは?最近急増の理由について

性交渉が主原因で感染・発症するオーソドックスな性病

最近の性の自由さ、不特定多数と性交渉する若者、性交渉するのが当たり前の風潮

仕事がない地方の人間が都市部に増え、そのための人口比率的な側面

 

・梅毒の有効な予防・対処法とは?

①不特定多数の性交渉の関係を持たないようにすること

②コンドームなどの避妊具の必着

③定期的に性病の検査を受けることで、早期発見!

 

もし、このブログがみなさんのお役に立てましたら、嬉しいです。
その時は、ご連絡頂けましたら、ありがたいです。

何か取り上げてほしいことなどございましたら、遠慮せずにコメントしてくださいね♪

また何かお気づきな点や、「こういうのが知りたい!」という事柄がございましたら
遠慮なく、仰ってくださいね!

以上で
【梅毒2017の感染スピードがヤバい!有効的な予防・対処法について!】のご紹介を終了します。