みなさん、こんにちは。ミー助です。

本日は、

【森慎二の死因は溶連菌感染の敗血症!原因や症状・特徴や対処法など!】についてご紹介したいと思います。

2017年7月4日火曜日に、故森慎二投手コーチの死因が故森慎二投手コーチの父親から「毒性の強い溶連菌の感染による敗血症」と述べられました!

享年42歳という故森慎二投手コーチの命を奪った『敗血症』とは、一体どういった原因や症状・特徴などがあるのでしょうか?対処法なども交えてご紹介したいと思います!

それでは、【森慎二の死因は溶連菌感染の敗血症!原因や症状・特徴や対処法など!】について、一緒に見ていきましょう!

Sponsored Links

森慎二の死因の敗血症!原因や症状・特徴や対処法について!

 

①森慎二の死因の敗血症

故森慎二投手コーチの敗血症について、調べました!

敗血症は全身に炎症反応が発症する状態の事を指します。感染症を発端に病原体が体内に侵入。敗血症が疑われた場合は、速やかに処置できるか否かが、生死の分かれ目です。

 

②森慎二の死因の敗血症の原因

故森慎二投手コーチの敗血症の原因について、調べました!

敗血症とは、風邪や肺炎・下痢や尿路感染症などがきっかけとなり、体内で感染症が引き起こります!原因としては、感染症が原因ですが、その感染症の原因となるものとして、大腸菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、連鎖球菌、肺炎菌など大半で、稀にカンジダ菌などの真菌のケースもあります。そして、肺や腹部、尿路などが敗血症の感染経路として多いことが分かっていますが、必ずこの限りではないそうです。

 

③森慎二の死因の敗血症の症状

故森慎二投手コーチの敗血症の症状について、調べてみました!

全身に炎症反応が拡大している状態の事を、敗血症と言いますが、敗血症の症状としては

 

・36度以下の低体温or38度以上の高熱

・悪寒

・心拍数&呼吸数の増加

 

などが挙げられます!このような症状があったら、敗血症の疑いがありますので、明らかにおかしいと感じたら、早期発見が大切なので、素人判断せずに病院で診断を受けることが後悔しない第一歩となります。

そして今回、故森慎二投手コーチの敗血症は恐らく重症敗血症だったのではないか、と考えられます。

重症敗血症の場合、臓器の機能が上手く働かなくなる状態で、腎不全や循環器不全などが起こります。

そして、重症敗血症の中でも、敗血症ショックというのがあり、敗血症ショックの症状として

 

・尿量の減少

・敗血症による発熱

・意識低下

・脈拍・呼吸の増加

 

などで、初期症状としては、血圧低下や手足がほんのりと温かくなるなどあります。しかし、その後に心拍数低下、手足の冷え、循環器不全に移行します。この時の循環器不全になる状態を「コールド・ショック」というとても命に危険な状態になった時に発症する症状ですので、こうなる前に「怪しい」と感じたら、即病院へ!

 

④森慎二の死因の敗血症の特徴

故森慎二投手コーチの命を奪った敗血症の特徴として、どういう人がなりやすいのか、調べてみました!

 

・高齢者

・新生児

・妊婦

・糖尿病患者

・肝硬変患者

・エイズ患者

・がん患者

・ステロイド常用者

 

上記以外の疾患では、特定の慢性疾患や免疫系疾患、薬で免疫系統を抑制する人などは、敗血症に罹りやすい特徴があります。

上記に共通しているのは『免疫力の低下』している人。

なので、日頃の生活習慣がとても大切で、食べ過ぎ飲み過ぎなどの暴飲暴食や、不規則な生活リズム夜遅くまで就寝しないなどの免疫力を低下させるようなことが、普通の生活になっている方は、免疫力が低下している恐れがあるので、注意が必要です!

ご自分が敗血症の掛かりやすい特徴があるな~、と感じたら一度、ご自身の生活スタイルを顧みることが、宜しいかと思います。

 

⑤森慎二の死因の敗血症の対処法

故森慎二投手コーチの敗血症の対象法について、調べてみました!

上記で挙げた特徴などにご自分が当てはまる場合は、まずは免疫力を低下させている生活習慣の見直しが大切です。

そして、敗血症の特徴に当てはまると感じる場合は、速やかに病院の検査が、その後の人生を左右する恐れがあります。

出来る限り早めに、敗血症に対して適切な検査・処置ができるかが、敗血症の重症化の回避&回復の速さに関わってきます。

一番、有効な対処法は、素人判断せずに「怪しい」と感じたら、速やかに病院などの専門機関を受診することが、最も有効な敗血症の対処法です。そして、免疫力が下がらないような生活を心がけることが何より大切です!

 

まとめ

 

今回ご紹介しました【森慎二の死因は溶連菌感染の敗血症!原因や症状・特徴や対処法など!】はいかがでしたでしょうか?

 

最近は、著名人の訃報が毎日のようにあり、物悲しい日々が続きますが、今回の故森慎二投手コーチの敗血症は、誰でも罹る可能性がある病気ですので、キーとなる「免疫力が下がらない」ようにすることが大切です!ミー助もイイ機会なので、生活見直しますので、みなさんも見直してみてくださいね♪

 

もし、このブログがみなさんのお役に立てましたら、嬉しいです。

その時は、ご連絡頂けましたら、ありがたいです。

何か取り上げてほしいことなどございましたら、遠慮せずにコメントしてくださいね♪

また何かお気づきな点や、「こういうのが知りたい!」という事柄がございましたら

遠慮なく、仰ってくださいね!こちらで追記や更新・新規について色々と書いていきますので

ブックマークしてくださいね♪

以上で

【森慎二の死因は溶連菌感染の敗血症!原因や症状・特徴や対処法など!】のご紹介を終了します。

 

河野昌人(元広島・ダイエー)がかかった虚血性心疾患の原因や症状は?